November 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

Rockbikes 試乗インプレ其の FORTUNE〜!

いつの間にか九州南部は本日梅雨明け宣言が出されました。我が生息地福岡は週間予報を見ると、7/17〜18はちょっと怪しいですが、それ以外ずっと晴れ。移り変わり易いのが天気とは言え、ぼちぼち梅雨明けっぽい感じですね。このまま梅雨明けして欲しいけど、日々じりじりと感じる夏の暑さの不可避っぷりは一寸辛い所。

 

話変わって、ここの所のRockbikes押し、しばらく続く見込みですが、本日からぼちぼち試乗車を乗った感想を順次お伝えしようと思います。先ず初めに本日は個人的一押しのFORTUNEを。

 

Rockbikes FORTUNE 200,000円(税別・画像は530mm)

 

折角走って来たので、そのまま外で撮影してきました。いつも写真は下手だと実感していますが、こうやってかっこええ自転車を撮影してもなんかイマイチ。特にRockbikes はメーカー画像がいつもかっこええんで中々同じようにはいかんですね(笑)

 

久々のガチロード(ストリート系とは言われているようですが)に興奮状態の私ですが、ペダルレスで実測約9.5kgとまあまあの軽量っぷりと、23c以上は履けないと強く強調するようなリアセンターの詰まりかたにハアハアしております。実際乗ってみたら正直コーナーの旋回性は恐るべし。狙った所にスパッと行けるこのシャープさはちょっと驚くばかり。

 

でもフォークオフセットはそこまで立ったものではありません。リアセンターの詰まり方からすると、激しそうに見えて実はマイルド、なので真っ直ぐ漕いでいる最中に切れ込んだりふらついたり等は皆無。この辺にストリート系と言われる優しさがあるのかと勝手に思いました。

 

フレームはクロモリながら、フォークはフルカーボン。貧脚ながらガンガン攻めて走っても振動は体に上がってくる感じが少なく、ジオメトリーは結構前傾気味ですが、想像していたほどきつい感じはないです。これなら全然ツーリングやちょっと手を入れてレースなんかも行けそうです。

 

このモデルはクランクがSIXTHの2ピースがついております。シマノ系のクランクではありませんが、全く遜色感じませんでした。いやむしろこっちの方が島のクランクよりカッコいいから素敵。

 

ブレーキは前後105。リアはダイレクトマウントを専用台座で調整しやすい位置まで動かして装着しております。ダイレクトマウントの良さがスポイルされている部分はありますが、そこはやはり105。前後とも十二分に制動能力があります。それに個人的にはこのリアブレーキの取り回しのおかげで、チョーかっちょええリア周りを演出できるのだから、全くもって最高と言わざるを得ません。

 

個人的には見た面のカッコよさやスパルタンさとは裏腹に、思いのほか初心者にも優しい自転車だという感じです。ステムはフレームに合わせて水平を出しておりますが、ひっくり返せば前傾も大分楽になります。少しづつ乗りながら調整していける当たり前の懐の深さは持ち合わせていますし、早く走る楽しさというのはやっぱりロードだなと実感しました。

 

フレームにダボ穴等全然なく、フェンダーやキャリアは基本考えておりませんが、ここ最近はバイクパッキング用のバッグも大量に出回ってますし、ツーリングでFORTUNEを使ってもまったく問題なしです。

 

個人的にはタイヤをもう少し良いモノにして、走る事を目的にして走りたいですね。いつも食べ物や場所を目的に走る事が多いですから(笑)

このインプレは私自身が感じたことで、少しでも参考になれば!と思いながら書きましたが、できれば是非ご自身で乗って頂きどんなもんか体感して頂ければと思います!是非試乗にいらして下さいね〜。んで、買って下さいね〜!!!

 

という事でRockbikes インプレ其のFORTUNEでした〜。

 

pagetop