November 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

Rockbikes 試乗インプレ其の3。〜MELANCHOLY!

ほんと熱いですね。熱くて熱くて熱すぎて全然動けない、変温動物な私ですが、きっと私だけでなく沢山の人がそうなのでしょう。なので現在大開催中のRockbikesの試乗会に乗りに来る方も思いのほか少ないに違いありません・・・もちろんワタクシの努力が足りない事は重々承知しておりますが、何ともこの熱さには太刀打ちできません。

 

ぼちぼち2週間ですがうだうだクダまいて嘆いているだけにもいきませんので、本日はこの間試乗してきたモデル、MELANCHOLYをご紹介いたします。熱いのは気温だけにしたいので、ライトにね。

 

RockBikes MELANCHOLY 90,000円(税別・画像は530)

 

個人的にシングルスピードは大好き。何が良いって兎に角シンプル。部品も少ないのでメンテ頻度も低くて壊れにくい。私は好んでミニベロシングルを乗ってましたが、MELANCHOLYのような700cはホント機動力も高くて素晴らしい!タイヤが大きい事で速度が一度乗ってしまえばぐんぐん進みますが、このMELANCHOLE、Rockbikesの中でも珍しくタイヤサイズが700×26cとちいと太目。この微妙に太いタイヤがちょっとした段差や悪路等でも安心して走れます。

 

また他のモデルに比べると、チェーンテンションを取る為、リアタイヤを後ろに引っ張らないといけないから、リアセンターが他のモデルに比べてちっとだけ詰詰じゃないのです。だから全長が長くなる分ゆったりした乗り心地。

とはいえ、あくまでRockbikesの中での話ですから、乗ったら超きびきびした走ります。またフォークオフセットも他モデルより僅かながら立ち気味で街乗りに使えるようなシャープなハンドリングです。其処を26cタイヤがマイルドに補正してくれる感じで非常に好感が持てる乗り味でした。

 

如何にシンプルであるか!というのはカッコよさを求めるうえで凄く大切な事の一つだと思うのですが、MELANCHOLYも他のモデル同様リアブレーキがBB下についており物凄くすっきりしたリア周りになっております。

他のモデルも非常に効果が高いBB下のブレーキですが、MELANCHOLYが見た目で一番その恩恵を受けるのではないかと思います。

 

以前のピストブームの時、カッコよさやシンプルさを求めてブレーキをつけなかった人が多々おりましたが、やはり危ない!というのは間違いなく。でもこれなら、見た目はスッキリノーブレーキ風に見えるのにちゃんとブレーキついとります!警官に止められてもえらそうに言い返せます!!!

 

加えてシンプルに見せる為にリアブレーキワイヤーをフレーム内に隠すという(ロード等では結構ある手法ですが)ちっとお金がかかるけどそれ以上にスッゲーカッコ良く見せる事に注力。このおかげで、パッと見前側にだけしかブレーキが無いのに、ちゃんと道路交通法にのっとった自転車になっているのです。魅せる努力、カッケ―。

 

ハンドル周りはシングルスピードらしく、撫で肩なドロップハンドルにブレーキレバーを取り付け。握りの自由度も高く踏みの強弱で走りを変えるシングルの場合、色々な所を握れるドロップハンドルは非常にありがたい。今回の試乗、私も結構握り替えてました!

 

シングルスピードバイクは数多有れど、中々ここまでイメージを持って作り込んでいるモデルは少ないのでは?この乗り味、カッコよさ、シングルスピードをご検討中の方は是非ご検討頂きたい一台です。とりあえず、先ずは乗ってから。熱いけど是非乗って下さい!!その辺にあるシングルとは違いますよ!ほんと。

pagetop