May 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

愛車に全く不満はないけど、なんかいじりたい。部品変えたい。どうにかしたい〜!と思った事無いですか???

自分の愛車に乗っていて、特に不満もないけど、何かしたいな〜と感じることないですか?最近私のもっぱらの下駄車であるEBS HOBO。ドロップハンドルを止めてより楽ティンに通勤できるようにカスタムしたのですが、半年もたたないうちに、現状全く不満はないけどなんかしたい。いじりたい・・・でもガッツリする予算は無し・・・という状態に。そこで手軽に且つ大幅な印象及び乗り味を変える事が出来るハンドル交換をしましたよ〜。

上画像は今回私のHOBOに入れたNewハンドル。フレームと同じEBSから新しく発売されたハンドルでその名もEBS-20。このハンドルが街乗り・通勤等に使うにはメッチャ良いハンドルなんですよ!!!

価格:シルバー 4,200円(税別)ブラック4,800円(税別・画像無しです。) バー径:22.2mm クランプ径:25.4mm

下画像は元々付けていた弓形ハンドル。グリップも一緒に変えているので大分印象違うでしょ。

私がこのハンドルをすごく気に入った所はハンドル幅なんです。最近のフラットハンドルは全般700mm前後とかで広く広く拡がっている傾向にありますが、幅が広すぎるのは街乗りでは不向き。勿論カットして使えばいいんですけどね。ポン付けしたいじゃないですか。。。それにカットされてつかわない部分にもお金払っていると思うと・・・(せこい)

この630mmって言うのがホントにとてもいい塩梅。広すぎず狭すぎず、ちょうど良い幅広さ。これより狭いと、クイックなハンドリングになりますし、広いとユッタリは乗れますが、色々な場所にぶつかりそうだったり、駐車時に結構邪魔だったり・・・

630mmの幅に相まって、この手前に曲がる形状が非常に手首に優しい。もう優しさで出来ています。通勤中が楽チン。握りの部分も165mmありますので、画像にはないシフターをつけても問題なし。ともう十二分に使い易さ満タンです。

後はハンドルバークランプ径が25.4mmと細いタイプなのもクロモリフレームには嬉しい所。カモメバーと呼ばれるこの形状、MTBの流れから来ているので、クランプが31.8mmというのが多いんです。でも絶対25.4mmのがすっきりしていい感じ。

今回私は動きが渋くなったブレーキワイヤーと最近地味に人気のTARUGATAGrip も一緒にセット。このハンドルとグリップの相性がもう最高!物凄くお勧めしたいセットですね。
因みに今回のハンドル+グリップ+ワイヤー+作業賃で合計約11000円程。ワイヤーが無ければ8000円程で交換可能デスヨ。(車種や状況により価格は変化しますのでご相談下さい。)

今回の様に、ハンドル交換は直接触る部分なので乗り味も変わるし印象も変わって、且つそこまで価格も高くありませんので著ちといじりたいな〜という方にはお勧めですよ〜!!
本当は割れたリアフェンダーも交換しようと思ってたのですが、非常に残念なことに仕入れたフェンダー、適応範囲内だったのに全然付かねえんでやんの・・・  

明日は定休日です。明後日またお会い致しましょう。さよなら・さよなら・さよなら〜。

pagetop