May 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

部品一つで色々と変わるというお話

長い長ーいゴールデンウイークも今日で終わり。皆様いかがお過ごしでしたか?本日は生憎の天気でしたがまあ晴れの日が多い良い連休だったのではないでしょうか???私は通常通りの営業でしたが、娘がずっと休みでしたから、毎朝早起きして家族で午前中遊んでました。その為二日ほど遅刻ギリギリだったのは反省点・・・

本日のブログはパーツをちょいと変えるだけで結構色々と変わるよ〜という話。それが見た目なのか乗り味なのか、重量なのかパーツによって違うのですが、今回は2例ご紹介です。先ず初めに登場は、Raleigh RSPのハンドル交換。先ずは元々こんな感じで納車したのですが。

納車後数年の間、前カゴだけつけて通勤やレジャー等で御利用頂いておりましたが、首を痛めてしまい前傾姿勢が非常につらいご様子。ご相談頂きまして、今回ハンドル交換で対応。一気に約10cmハンドルとサドルの距離が縮まりましたので、大分楽なポジションとなり再び自転車に乗る事が出来るようになりました。良かった〜!

RSPはシフトレバーがフレームについているので、そこはノータッチ。後はハンドルとグリップを新調して、ブレーキレバーは元々ある補助レバーをメインにして再利用。結構いい塩梅!因みに今回のハンドル交換のカスタム費が1.4万円程。部品グレードにより価格は上下しますので、似た感じでカスタムしたかったい!という方ご相談お待ち致しておりやす。

お次はFUJI FEATHER CX+。こちらのステム交換。先ず初め、ノーマルステムは以下。これをもっとすっきりスマートにというご依頼を受けて選んだステムが更に下の画像。

Simworks Nitto Anna Lee-S Stem。72mmというスタックハイト(ステムの縦の長さ)でヘッドスペーサーを全廃する事が出来てメッチャスッキリ。そして75度のステム角度でトップチューブとステムが平行になり物凄くシャープな雰囲気。メッチャカッケーのなんのって。

クランプ部分も1ボルトでクロモリなのでハンドルとの段差がとても小さくすっきり!ホントスッキリしてカッコいい!

という事で、今回は2例用いてパーツ一つ変えるだけで色々と変わるというお話でした〜。乗ってて不満、見てて不満、ちょっとした些細な事でもご相談下さい。そのイマイチ部分が大好きポイントになるかもですよ〜!ご相談お待ち致しておりマース!!

pagetop