June 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

懐かしの406ホイール、KHS F20-Gのご紹介

今ではすっかり451サイズが標準のKHS。406、え?位の感じですが、元々は406サイズだったんです。個人的には406サイズのKHSには非常に懐かしさを感じてしまうのですが、本日ご紹介のF20-Gは406サイズ。うーむ、良いバランス。懐かしいわ〜。

KHS F20-G 110,000円(税別・画像はMサイズ)

旧モデルは406オンリーでしたが、このF20-Gは451サイズのタイヤも呑み込めるクリアランスをちゃんと持っておりますので、将来的にパワーアップも十分できます。

とはいえ、451が必ず偉いというか性能アップとは限りません。確かに走りは406よりも良いですが、451は細いタイヤしかありませんし種類も少ないので、どうしても選択肢が限られてしまうというか、スポーティなモデルばっかりです。ちぃっと太めのタイヤやあるいはたくさんのタイヤから選びたい!という人は406のままでも良いかもですね。要はどう使うかですが、幅を持てるのが406の良い所です。

コンポはClarisの2×8。ランドナーバーがついております。ユッタリ長距離走り易いハンドル形状。

ドロップハンドルなので、折りたたんだ感じも撮影してみましたよ。今回もオプションのハンドルコラムアダプターを装着しております。

ハンドル形状のせいでどうしても右側のレバーが飛び出ますが、ペダルも出ているからまあ許容範囲かと。メーカー公表値が680mm×780mm×400mm。折りたたみサイズとしては標準的サイズです。クロモリフレームで12.5Kgあるので、どうしてもちっと重たいですが、そこは安定感に堅牢性高いからと思って頂ければ。

ドロップハンドルがついているモデルなので、スポーティな奴かと思いきや、実はユッタリランドナーな性格のモデルなんです。ユッタリ長距離ポタリングや輪行が非常にマッチする性格です。

同じフレームでも結構性格が違うF20シリーズ。ご使用用途等教えて頂ければご提案致しますのでいつでもご相談下さいね!因みにこのF20-Gはフレームサイズが2種類ありますので(アイボリーカラーだけですが)小柄な方でもどんと来い!デスヨ。

pagetop