June 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

これからガンガンお勧めしたいと思うサドル

今までレザーサドルといえばBrooks 一択でしたが、昔から気になっていたサドル、Selle Anatomica(セラアナトミカ)をこれからもっとお勧めして行こうと思います。

何故今頃かって?という疑問も感度の高い人からすると思うかもしれませんが、Brooksに傾倒していた私にとって現状打破するには使い込んで納得する必要があったのです。まあめんどくさい性格で、信じるのに時間が掛ってしまったという事ですね。

Selle Anatomica  X-Series 21,000円(税別)体重制限113Kg迄


このサドル、一言では語れない魅力があります。そして欠点もあります。でもそんな欠点を圧倒的にカバーしてしまう程に素晴らしい座り心地があるんです。
Brooks のサドルはなじむまでが結構時間が掛ったり、たくさんある種類の中で細かく特徴が違って、お尻に合う、合わないと結構はっきりしておりました。私個人的にはスワローやB-17、プロフェッショナル等はしっくりきましたが、Colt やSWIFT はイマイチしっくりきませんでした。

しかしこのSelle Anatomica はシックリくるとか来ないとか関係ないです。
 
兎に角座り易い!
お尻が痛くならない!!
お尻が痛くなったことが無い!!!
(個人差はあると思いますが)


私の語彙が少ないので座り心地が何とも形容し難いのですが、圧倒的なホールド感といいますか座るとサドルがべたっと広がってそこに乗っかる感じになります。ペダリングすると下ろした足側のレザーが下がってくれて抵抗を最小限にしてくれます。かなり柔らかいサドルなんです。

そんなに柔らかいと耐久性が低いのではないか?という疑問が私にも湧き、とりあえず一年近くジックリ使ってみましたが、全然問題なし! 初期伸びがちょっと凄い気がします(一年待たずに調整ボルトを使い切ってしまいそうだと心配になるほど初めは伸びました)が、初期伸びを調整した後は今の所殆ど調整する事無く非常に快適にお尻をホールドしてくれます。


先にも記載致しましたが、このサドルを使ってロングライドして今までお尻が痛くなったことがありません。Brooksを使っていたら、たまに尿道が押さえつけられて自転車から降りた時に痺れてきたり、お尻が痛いのでサドルとお尻の位置をずらしたりしながら走る事もしばしばありましたが、このサドルはそういったことが一度もありません。今の所。
まあ個人差も有りますから、全ての人が同じ感想という事もないでしょうが、ここまで座っていてネガティブが少ないサドルは他にありませんね。

とまあべた褒めした所で落とします。
欠点もあります。レザーサドルなのでまあ重たいです。なのでガチガチな軽量ロードなんかには不向きですね。
それからドカッと座るのが好みの人には良いのですが、ちょこんと座る感じの方常に走行中にサドルの位置を状況に応じて変更したい方には全く合いません。

後ココ、サドル先端の処理がBrooksに比べあらく、良く引っかかります。これは非常に改善して欲しい点ですね。

とちょくちょく欠点もあるのですが、まあそんな事をすべて吹き飛ばしてくれるほど最高に座り心地のいいサドルであることは間違いありません。これから常時在庫を置いていきますし、私の自転車に座って座り心地を体験して頂ければと思います。ホント最高ですからね!!

*************************************
Sputnik が運営するVANMOOF ONLINESTORE
下バナーからどうぞ〜

**************************************
pagetop