June 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

期待高まる、Charge Bikes の面々

今日は東京からたくさんの自転車を積んで熊本のレースイベントに参加予定の代理店さんが途中弊店へ寄って頂けました。ご来店ありがとうございます。そのトラックがこちら。
イヤー、バッチリ広告として使ってますね〜。多分にGT寄りではありますが・・・


当店で最近新しく取り扱い始めたCharge Bikes。未だ未入荷の為ご紹介できないモデルも多々あるのですが、今回このトラックの中身にサンプル車両が何点か乗ってましたのでご案内致します。

既に何件か問い合わせを頂いております、『COOKER MAXI』
26×4.0という超極太FATタイヤを履く、最近はやりのバイクですが、何と他メーカーとの最大の違いは価格。他メーカーが軒並み30万オーバーなのに対してCOOKER MAXI はなんと税別18万円!!!勿論Charge らしく、フレームはTangeのプレステージを使用しておりますのでご安心を。しかし、それにしても安すぎる。素晴らしい。


この位の価格までなら、ガンガン使っていけますね。MTBは山に入って何ぼですが、FATBIKEは山だけでなく、街乗りだって面白いし!つーか乗っているだけでほほ笑んじゃう。

この自転車を出して担当さんと話していたら、お客さんがご来店され、一目ぼれして試乗、そのまま契約迄頂きました!(ありがとうございます!!)しかし、この自転車が当店にあった時間ってたったの1時間くらいですよ・・・とまあ、すさまじいインパクトのあるナイスバイク。

ただ、入荷予定は残念ながら10月頃なんで、皆さんお金をためて待っていて下さいね。。。


お次はCOOKER3


Charge Bikes の29er 上位モデルです。残念ながらこのカッコいいタイヤは完成車には付きません・・・
BBハイトが他メーカーのモノより少し高く、またヘッドチューブもたち気味で、29erとは思えない程のクイックなハンドリングを実現しております。タイヤの大きさをカバーするようなジオメトリー。どうやらダイレクトジオメトリー(だったかな?)というそうです。(間違ってたらすみません)


これでトレイル走ったら楽しそうだな〜と思っていましたが、残念ながら時間の都合上乗る暇がなかったので、次回お預け〜。
で今回担当さんと話をしていて、何とか当店にて試乗会を行い乗る機会を設けることが出来ないか検討しております。
その際はまたご案内致しますので、よろしくお願い致しまーす!  


 

Charge Bikes Grater 1 も入荷しております

先日ご紹介致しました、Charge Bikes ですが、1台だけ入荷、という訳ではござんせん。あと1台入荷しとりますんで、こちらもご紹介致しますよ。

Charge Bikes Grater 1(グレーター1) 70,200円(税込) Sサイズ


700cのアーバンクロスバイク。街乗りをでの使用をベースに考えられてセレクトされたパーツ構成がとってもいい感じです。何と言っても標準装備の泥除けとチェーンガード。また操作をシンプルにすべくリア変速8段のみ。フロントがシングルの方が街乗りは使い易いので、非常に好感持てます。またハンドル周りがすっきりするという副産物つき。


やっぱりカッコいいデカール。最高です。


画像がボケてまして、すみません。このフレーム、パッと見結構な細身で、しかもクロモリを愛するCharge Bikesなのでクロモリフレームと思い込んでいたら、実はアルミ!!アルミでこの細身なフレームって実はあまりないのでは?クロモリっぽいスッキリとした見た目のアルミ、って良いトコ取りやん!


リアはモノステーになっており、そこにはちゃんとキャリアを着けれるようにダボを完備。流石街乗りを意識して作られているだけはありますね!!


タイヤも700×28c とちょっと太め。この位の太さはスピードもあまり損なわず、でも街中の段差にも結構対応してくれる、良い塩梅の太さ。またタイヤに合わせたフェンダーのサイズがとてもいい〜!見た目がすっきりして、フェンダーが付いていても全然カッコ悪くない!


トータルバランスに優れた、とってもCOOL な一台。個人的にはcannondale の BAD BOY より断然おすすめです。何と言っても乗っている人が非常に少ないので、他の人との差をつけることが出来る筈。
Grater 1 。とってもカッコいいので是非一度実車を見に来て下さいね。ご来店お待ちしておりま〜す。

Charge Bikes 取扱い開始

一人でやっていると、仕入れる車体・メーカーが偏ってしまうのは仕方がない事だと思いますが、また個人的趣味に偏ったメーカーを取扱う事に致しました。2005年にイギリスにて産声を上げたメーカー『Charge Bikes』。センスの良いデザインの自転車で主にクロモリバイクを作っているメーカーです。MTBに強いメーカーとしても結構有名なのですが、何気に使い勝手の良いユーティリティな自転車もあり、ずっと気になっていたメーカーだったので満を持して弊店でも取り扱い開始〜!
という事で、本日はCharge 一発目のバイクをご紹介致します。

Charge Bikes TOASTER 194,400円(税込) Sサイズ


はい、いきなり汚れております。今までMTBのラインナップが薄かった当店の試乗車として仕入れました。で、画像も撮らんとそそくさと走りに行ってきました。というのも現在、通勤途中の林で造成途中の場所があり、早朝及び深夜、土日ならこそっとお邪魔して遊べるんです。通勤途中というのが良いです(笑)

ふっかふっかのダートにキャタピラの轍やら、小枝、倒木、上り下りとあり距離はめっちゃ短いのですが、結構楽しめる場所。造成している間だけなので、物凄く短い期間しか遊べないから、今日も雨が降らなければ帰りでナイトラン決定です!

足回りは最新650b×2.25。フカフカなダートだと、もう少し幅があると安心ですが、普通のトレイルなら十分な太さ。最少空気圧でふわふわ乗るのが好みです。


650bは発表後少し経ちますが、2014モデルはこぞって各メーカー出してますね。29erとすみ分けつつ、いよいよ主流となってきた気がします。つい先ほどプレスリリースされたシマノのNewXTR M9000系は今までの長ーいこと主流だった26インチの完組ホイールをやめるという決断までしている事からもその流れが伺えますね。


ヘッドチューブはこれまたトレンドのテーパード。存在感の凄さが圧倒的。個人的にはオーバーサイズの方がスッキリしてるから好きなのですが、時代の流れですね。正直テーパードが必要な程の走りは私には無理です・・・


Charge のお気に入りの部分。デカールの入り方がカッコいい!いいなあ、と思っていながら気が付いたのですが、当店の在庫品、デカデカとメーカーロゴの入っていない自転車ばっかり。Vanmoof や EBS、Pashley。。。あぁ確かにそういうのが大好きだけど、無意識のうちにそういう自転車をそろえていたんだな〜と今回改めて実感しました。


これから一押し予定のCharge Bikes!店頭にご来店頂ければこのTOASTER には乗って頂けますので是非遊びにいらして下さいね!さあ、さっさとお店を片付けてレッツトレイル〜♬

 
<<back|<12345
pagetop